流行の話題やビジネスについて紹介していきます

風速80mの威力はどの程度?過去映像は?台風10号最大瞬間風速の脅威!

 
風速80m 威力 どの程度 過去映像 台風10号 最大瞬間風速 脅威
この記事を書いている人 - WRITER -

台風10号は9月5日(土)に猛烈な勢力となり、夜には最大瞬間風速80m/sで南大島近海を通し、勢力を保ったまま6日(日)には奄美諸島近海を通過すると予想されています。

 

瞬間最大風速80m/sとは威力はどのなのでしょうか?

 

映像は?過去にはどうだったか?など台風10号の脅威について調べてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

風速80mの威力はどの程度?

 

最大風速80mは、ズバリ「人が飛ばされる」レベルです!

 

まずは風速80mの暴風を再現した動画↓↓↓を見てみましょう。

 

 

 

風速80mの威力がどの程度か?ということがこの動画を見ると一目瞭然ですね。

 

この動画内でヘルメットを被っているのはスタントマンの方ですが、両手をついて踏ん張らないと飛ばされてしまうレベルです。

 

筋力があるスタントマンでこのような状況ですから、女性や子供、お年をとった方などは飛ばされてしまいます。

 

風速とその影響

 

風速ごとの被害の目安がこちら↓↓↓です。

 

風速(秒速)と被害の目安
10m/s 樹木が激しく揺れ、電線などがぴゅうぴゅうと鳴る。雨傘が壊される。
15m/s 取り付けの悪い看板が飛ぶことがある。
20m/s 身体を60度くらいに傾けないと立っていられない。
子供は飛ばされそうになる。
25m/s 屋根瓦が飛ばされる。樹木が折れる。煙突が倒れる。
30m/s 雨戸または屋根が飛ばされることがある。しっかりしていない家が倒れる。
電柱が倒れることがある。
35m/s 自動車や列車の客車が倒れることがある
40m/s 身体を45度に傾けないと倒れる。小石が飛ぶ。
50m/s たいていの木造家屋が倒れる。樹木は根こそぎになる
60m/s 鉄塔が曲がることがある。

(引用:東京大学大学院情報学環・学際情報学府 廣井研究室)

 

大抵の木造家屋が倒たり、鉄塔が曲がることがあるというレベルで60m…

 

風速80mの威力は半端なく危険ということですね。

 

因みにこの風速て時速に直すと…

 

80mx60秒x60分=288,000mなので時速288km!

 

新幹線と同じ速度!!!

 

あの速度で風が来たらひとたまりもありませんね。。

 

風速と最大瞬間風速の違い

 

ニュースを聞いていて聞き流しながらもわからないこと、、風速と最大瞬間風速の違いって何でしょうか?

 

気象庁によるとこのような定義になっています。

 

  • 風速:10分間の平均風速を示す
  • 最大瞬間風速:ある瞬間の風速を示す

 

「風速」と「最大瞬間風速」はこのように異なるということです。

 

最大瞬間風速は、風速1.5~3倍くらいになると言われています。

 

そして台風10号の予測では、最大瞬間風速80mとなっています。

 

 

最大限に備え、危険を感じたらすぐに非難することが大切ですね。

 

スポンサーリンク

風速80mの威力はどの程度?過去映像は?台風10号最大瞬間風速の脅威!

 

過去の台風の映像を探してみました。

 

まずは最大瞬間風速58.1kmです。

 

 

この映像は記憶に新しいという人もいるのではないでしょうか?

 

最大限58.1mでも屋根が飛び、トラックが風で倒れています。。

 

もう一つ同程度の映像を↓↓↓。こちらも記憶に新しい方が多いのではないでしょうか?

 

 

2019年の台風15号千葉市付近に上陸しました。

 

ゴルフ練習場のゴルフネットが倒れ住宅の屋根を直撃し、大きな被害が出て、千葉県の広い範囲で長期間停電しました。

 

この時の最大瞬間風速は千葉市で57.5mでした。

 

歴代の最大瞬間風速

 

これまでに最大瞬間風速80mを記録したことはあるのでしょうか?

 

過去の最大瞬間風速ランキング↓↓↓です。

 

順位 都道府県 地点 最大瞬間風速(m/s) 観測期日
1 静岡 富士山 91.0 1966.9.25
2 沖縄 宮古島 85.3 1966.9.5
3 高知 室戸岬 84.5 1961.9.16
4 沖縄 与那国島 81.1 2015.9.28
5 鹿児島 名瀬 78.9 1970.8.13
6 沖縄 那覇 73.6 1956.9.8
7 愛媛 宇和島 72.3 1964.9.25
8 沖縄 石垣島 71.0 1964.9.25
9 沖縄 西表島 69.9 2015.8.23
10 徳島 剣山 69.0 2007.9.16

 

1位の富士山は別として、沖縄を含む九州と四国がやはりランキングを占めています

 

因みに過去10年以内だと、2015年の沖縄県与那国島で最大瞬間風速80m以上となっています。

 

映像がありましたのでご覧ください。

 

 

 

電柱や信号が倒れ、自動車も風でひっくりかえっています。

 

窓ガラスは割れ、壁が剝がれています。

 

尋常じゃない被害です。

 

最大瞬間風速80mは厳重な警戒が必要なレベルだと実感できます。

スポンサーリンク

世間の声

 

 

 

 

https://twitter.com/6En74njv0lfKfVM/status/1301378528693202948?s=20

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

風速80mの威力はどの程度?過去映像は?台風10号最大瞬間風速の脅威!というテーマでまとめてきました。

 

最大瞬間風速80kmは、歴代でもまり類を見ないほどの暴風であることがわかりました。

 

台風10号の接近は5日-6日です。

 

避難の準備、そして対策が大切ですね。

 

危険を感じたらすぐに非難しましょう。

 

気少々の主任予報官は「暴風の中では逃げること自体が危険となる。暴風警報が出たら、逃げられる最後のチャンスだと意識し、自治体が出す非難に関する情報にも注意してほしい」と呼び掛けています。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 坂本一誠のブログ , 2020 All Rights Reserved.