流行の話題やビジネスについて紹介していきます

岡江久美子の病院はどこ?病院名は?追悼コメントと共に調べてみた!

2020/05/02
 
岡江久美子 大和田獏 病院 大学病院 どこ 病院名 コロナ 乳がん 追悼 コメント
この記事を書いている人 - WRITER -

 

2020年4月23日に新型コロナウィルス感染のため、女優の岡江久美子さんがお亡くなりになりました。(享年63歳)

 

いつも笑顔を振りまき、視聴者を明るい気持ちにさせてくれた岡江久美子の訃報に多くのファンが驚き悲しんでいます。

 

とても元気だったのに、、若すぎます。心にぽっかりと穴が開いてしまったような感覚です。

 

いろいろと報道されている中で、ふと、病院はどこだったのか気になりました。

 

そこで今回は、岡江久美子さんの病院はどこか?病院名は何か?有名人の追悼コメントと共に調べてまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

岡江久美子さんについて

 

有名な岡江久美子さんですが代表的な番組などについて簡単にまとめました。

 

1975年にTBSドラマ「お美津」でデビューし、TBS「天までとどけ」に主演。

 

 

 

 

日本テレビ「火曜サスペンス劇場」、テレビ朝日「土曜ワイド劇場」、フジテレビ「金曜エンターテインメント」の2時間ドラマに多数出演。

 

 

 

1996年から2014年までTBS「はなまるマーケット」のメインパーソナリティーを務めました。

 

 

映画「アオハライド」、全薬工業「ジキニン」CM出演などで知られています。

 

 

 

ジキニンのCM、確かにやってました。懐かしいですね。

 

スポンサーリンク

岡江久美子さんの闘病・感染経路について

 

 

岡江久美子さんが、新型コロナウィルス感染し、他界されるまでの経緯について報道されていることをあらためてお伝えします。

 

4月3日、発熱したものの、病院からは様子を見るように言われ、自宅療養となっていました。

 

4月6日、朝、容態が急変し、都内の大学病院に入院、集中治療室で人工呼吸器を付けて治療していたそうです。PCR検査の結果、新型コロナウィルス陽性が確認されます。

 

4月23日まで闘病を続きてこられましたが、同日お亡くなりになりました。

 

岡江久美子さんのは初期の乳がんだったとも報じられており、2019年の年末に手術を受けていたとのことです。

 

そして2020年1月末から2月末までは放射線治療を続けており、免疫力が低下し、コロナに感染し、重症化してしまったと報じられています。

 

感染経路は不明です。

 

岡江久美子さんの娘・岡江美帆のブログによると、3月22日に岡江久美子さんとお墓参りに行ったと報告があります。

 

乳がんで病院に通院していたとすれば、病院で感染した可能性もありますし、公共交通機関やタクシーで感染した可能性も、買い物で感染した可能性も否めません。

 

岡江久美子さんは闘病中であったため、より一層気を付けていたと思いますが、新型コロナウィルスは本当に怖いです。

 

スポンサーリンク

岡江久美子の病院はどこ?病院名は?

 

岡江久美子さんは、4月6日から都内の大学病院に入院していたと報じられていますが、どこの病院に入院していたのでしょうか?

 

報道されている事実から判る範囲で調査してみました。

 

まず東京都内の病院は、たくさんありますが↓↓↓の通りです。

 

  • 東邦大学医療センター大森病院(東京都大田区大森西6丁目11-1)
  • 東京医科大学病院(東京都新宿区西新宿6丁目7-1)
  • 北里大学北里研究所病院(東京都港区白金5丁目9-1)
  • 帝京大学医学部附属病院(東京都板橋区加賀2丁目11-1)
  • 昭和大学江東豊洲病院(東京都江東区豊洲5丁目1-38)
  • 日本医科大学付属病院(東京都文京区千駄木1丁目1-5)
  • 杏林大学医学部付属病院(東京都三鷹市新川6丁目20-2)
  • 東京大学医学部附属病院(東京都文京区本郷7丁目3-1)
  • 順天堂大学医学部附属順天堂医院(東京都文京区本郷3丁目1-3)
  • 東京女子医科大学東医療センター(東京都荒川区西尾久2丁目1-10)
  • 東京慈恵会医科大学附属病院(東京都港区西新橋3丁目19-18)
  • 順天堂大学医学部附属練馬病院(東京都練馬区高野台3丁目1-10)
  • 日本医科大学多摩永山病院(東京都多摩市永山1丁目7-1)
  • 日本大学病院(東京都千代田区神田駿河台1丁目6)
  • 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター(東京都葛飾区青戸6丁目41-2)
  • 東京慈恵会医科大学附属第三病院(東京都狛江市和泉本町4丁目11-1)
    順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター(東京都江東区新砂3丁目3-20)
  • 東邦大学医療センター大橋病院(東京都目黒区大橋2丁目17-6)
  • 日本大学医学部附属板橋病院(東京都板橋区大谷口上町30-1)
  • 東京医科大学八王子医療センター(東京都八王子市館町1163)
  • 東海大学医学部付属八王子病院(東京都八王子市石川町1838)
  • 東京医科歯科大学医学部附属病院(東京都文京区湯島1丁目5-45)
  • 東京女子医科大学病院(東京都新宿区河田町8-1)
  • 慶應義塾大学病院(東京都新宿区信濃町35)
  • 昭和大学病院(東京都品川区旗の台1丁目5-8)

岡江久美子さんは、都内の大学病院に入院していたと報じられています。

 

この中で感染指定医療機関とされているのは、東京医科大学八王子医療センターです。

 

となると、岡江久美子さんが入院いしていた病院は東京医科大学の可能性が考えられえます。

 

しかし、岡江久美子さん搬送時にはまだPCR検査を受けておらず、新型コロナウィルスが感染しているかどうかは判明していなかったようです。

 

そうすると、自宅から近い大学病院に搬送されていた可能性があります。

 

岡江久美子さんの自宅は、これも報道によると、東京都世田谷区尾山台某所と書かれていますので、ここから近い大学病院は、慶応大学病院昭和大学病院東邦大学医療センター大橋病院が該当します。

 

世田谷区尾山台から車で搬送された場合、凡そ病院までかかる時間は、慶應大学病院まで30分、昭和大学病院まで15分、東邦大学医療センター大橋病院20分です。

 

慶応大学病院は都内在住の芸能人がよく通っている病院のようですので、慶応大学病院の可能性も考えられますが、現在のところ、岡江久美子さんが入院していた病院についての正確な情報はありません。

 

今後報道などで新しい情報が出てきましたら、追記していきます。

 

スポンサーリンク

岡江久美子への追悼コメントを調べてみた!

 

岡江久美子の死を惜しむ有名人の皆さんの声を集めてみました。

 

岡江久美子さんの人気の高さいろいろな方から愛されていたんだなということがわかります。

 

岡江久美子さんのお人柄や人間性ってテレビからも伝わってきていましたものね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡江久美子さん新型コロナウイルスで死去

突然かつ衝撃のニュースに震えが止まりませんでした。

信じられないし、信じたくない。

はなまるマーケットでお世話になって17年半芸能生活38年の中で一番長く一緒にお仕事をさせていただきプライベートでも仲良くさせていただきました。

今はこの事態を冷静に受け止めることができず、心が乱れ、言葉も出てきません。

私ですらこの状態ですから、大和田獏さんと大和田美帆さんのお気持ちを思うと、その苦しさや悔しさ等は本当に計り知れないものと思われ、言葉になりません。

引用:薬丸裕英さんのInstagramより

 

スポンサーリンク

まとめ

 

岡江久美子の病院はどこ?病院名は?追悼コメントと共に調べてみた!というテーマでまとめてきました。

 

病院については、ある程度推測はできるものの、はっきりとした病院名はわかりませんでした。

 

有名人をはじめ、多くの方が明るく素敵だった岡江久美子の突然の訃報に驚き、悲しんでいます。

 

ここではいくつかTwitterも紹介しました。

 

心にぽっかりと穴が開いてしまったようで、とてもショックです。

 

天までとどけ」や「はなまるマーケット」とっても楽しみに見ていました。

 

最後に、岡江久美子さんに「涙くんさよなら」で送りたいと思います。

 

素敵な曲と歌詞、映像です。涙が出てきます。

 

 

涙くんさよなら
さよなら涙くん
また会う日まで
君は僕の友達だ
この世は悲しいことだらけ
君なしではとても
生きて行けそうもない
だけど僕は恋をした
素晴らしい恋なんだ
だからしばらくは君と
会わずに暮らせるだろう
涙くんさよなら
さよなら涙くん
また会う日まで

涙くんさよなら
さよなら涙くん
また会う日まで
君は僕の友達だ
この世は悲しいことだらけ
君なしではとても
生きて行けそうもない
だけど僕のあの娘はね
とっても優しい人なんだ
だからしばらくは君と
会わずに暮らせるだろう
涙くんさよなら
さよなら涙くん
また会う日まで
また会う日まで
また会う日まで

 

涙くんさよなら(昭和40年)
作詞作曲・浜口庫之助 

 

岡江久美子さん、いつも素敵な笑顔と感動をありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 坂本一誠のブログ , 2020 All Rights Reserved.