流行の話題やビジネスについて紹介していきます

渡部恒三の病名や病気の理由はなぜ?告別式やお別れの会の日程がいつか調査

 
渡部恒三 病名 病気 理由 なぜ 告別式 お別れの会 日程 いつ
この記事を書いている人 - WRITER -

元衆議院副議長で自民党・民主党の両党で国会対策委員長を務めた渡辺恒三さんが2020年8月23日、福島県会津若松市内の病院で死去しました。

 

平成の水戸黄門」とも呼ばれた渡辺恒三さんは、独特の東北なまりがトレードマークで、親しまれました。

 

謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

こちらの記事では、渡部恒三の病名や病気の理由はなぜ?告別式やお別れの会の日程がいつか調査というテーマで調べまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

渡辺恒三さんのプロフィール

 

 

衆議院議員に14回連続当選は素晴らしい実績です。

 

福島県議を経て、1969年に衆議院議員として初当選。

 

直後に田中角栄元首相に口説かれて自民党に入党します。

 

83年、中曽根内閣の厚生労働大臣として初入閣します。

 

竹下派では「七奉行」の一人として存在感を高め、自治相通産相なども務めています。

 

1993年、小沢一郎さんと共に行動し、宮澤喜一内閣の不信任案に賛成し、自民党を離れます。

 

新進党では、政務会長副党首などを歴任。

 

1996年から2003年まで7年間務めた衆議院副議長の在任期間は歴代最長となりました。

 

当選同期の小沢一郎さんとは対立と和解を繰り返す一方で、民主党では重鎮として前原さん、枝野さんの後見人となりました。

 

そして2012年に引退しています。

 

スポンサーリンク

渡部恒三の病名や病気の理由はなぜ?

 

 

渡辺恒三元衆議院副議長88歳で他界されました。

 

死因は寿命による老衰のようです。

 

年齢的に病気やガンなどが考えられましたが、老衰という意味ではご本人は勿論、ご家族も受け止めやすいでしょうね。

 

老衰での他界というのはとても羨ましいことですし、皆こうありたいと思うものだと思います。

 

 

スポンサーリンク

渡辺恒三さんの告別式やお別れの会の日程がいつか

 

 

関係者によると、葬儀は近親者のみで営む予定とのことです。

 

後日、お別れの会を開く方向で調整中とのことです。

 

新型コロナウィルス感染症の感染が拡大する中、多くの人が密になってしまうような会は避けるべきだという判断でしょう。

 

ただ、一方で、とてもチャーミングな一面もある渡辺恒三さんですので、男性の支持者やファンは勿論のこと、女性からにも認知されています。

 

多くのファンや支持者がお別れの会の開催を待ち望んでいることでしょう。

 

コロナ明けに開かれるお別れの会に注目していきましょう。

 

スポンサーリンク

世間の評判

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

渡部恒三の病名や病気の理由はなぜ?告別式やお別れの会の日程がいつか調査というテーマでまとめてきました。

 

老衰で他界というのは本文でも書きましたが、とても幸せなことですね。

 

特に渡辺恒三さんは日本を政治家として引っ張り、戦後自民党一党政治に、野党として1つ大国出来る党を作るという気概を持って政治をされていました。

 

その真面目で力強い政治手腕の一方、お茶目なズーズー弁と独特のキャラで選挙区以外の一般国民にまで多くのファンがいました。

 

残念です。

 

渡辺恒三さんの死を謹んでお悔やみ申し上げます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 坂本一誠のブログ , 2020 All Rights Reserved.