流行の話題やビジネスについて紹介していきます

半沢直樹2|第3話ネタバレとあらすじ|黒崎と瀬名は?音効の絶妙さも見どころ!

 
半沢直樹2 第3話 ネタバレ あらすじ 黒崎 瀬名 音効 なぜ 何 
この記事を書いている人 - WRITER -

半沢直樹2の第3話ネタバレと(第1-2話も含)あらすじです。

 

「やられたらやり返す。倍返しだ!」 堺雅人が主演を務める「日曜劇場 半沢直樹」(TBS系列)、回が進むほどに盛り上がりが増してきています。

 

今作の前半は、東京セントラル証券に出向した半沢直樹(堺雅人)が、東京中央銀行の伊佐山泰三(市川猿之助)、副社長の三笠洋一郎(古田信太)とガチンコ勝負が見どころです。

 

そして半沢直樹を盛り上げているものの一つに音効がありますが、これについても気がつかないような使われ方について触れてみます。

 

これを前作から出演している俳優陣が盛り上げます。

 

第3話ではオネエ役の金融庁主席検査官の黒崎駿一(片岡愛之助)が登場しさらに盛り上がりつつ、クライマックスにむかっていきます。

 

半沢直樹2|第3話ネタバレとあらすじ|黒崎と瀬名は?音効の絶妙さも見どころ!というテーマでお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

半沢直樹2概要

 

https://www.instagram.com/p/B982KSzpxcf/?utm_source=ig_web_copy_link

堺雅人が主演を務め、型破りな銀行マンの奮闘ぶりを描く「日曜劇場 半沢直樹2」がめちゃくちゃ盛り上がっています。

 

直木賞作家である池井戸潤さんの人気小説を原作に2013年に前作がドラマ化され、その続編となる今回の作品は、半沢が出向先の証券会社で様々なトラブルと理不尽な要求に立ち向かっていく姿が描かれています。

 

スポンサーリンク

半沢直樹2 第2話までのあらすじ

 

 

第2話は7月26日に放送されましたが、半沢直樹は、部下の森山雅弘(賀来賢人)と共に、1500億円規模の大型買収案件を横取りした、セントラル証券の親会社、東京中央銀行への逆襲を誓いますが、依頼先をセントラル証券から東京中央銀行へ変更した「電脳雑伎団」(IT企業)の副社長、平山美幸(南野陽子)らは半沢直樹たちをまったく相手にしませんでした。

 

半沢直樹らは、電脳の買収相手である「スパイラル」(IT起業)瀬名洋平(尾上松也)社長にアプローチします。

 

瀬名社長は太陽証券広重多加夫(山崎銀之丞)からのアドバイスによって、新株発行という手段でこの難局を乗り高揚としていました。

 

その新株の買収先『ホワイトナイト』として名乗りを上げたのが「フォックス」郷田行成社長(戸次重幸)でした。IT業界のカリスマ的存在です。

 

瀬名社長にとって郷田社長は昔からの憧れていた存在です。

 

郷田社長が「ホワイトナイト」として現れたことに瀬名社長はとても喜びますが、郷田社長の思惑は違いました。

 

実は、フォックスの台所事情は厳しく、郷田社長は裏で東京中央銀行と電脳と繋がっており、フォックスをそのグループで最終的に買収しようという計画に乗っていたのでした。

 

シナリオは、スパイラルの新株を取得したフォックスを電脳が買収します。そうすることで、電脳は公開買い付けなどで取得した株式に加えて、新株も入手できることとなり、スパイラル株の過半数を取得するができるというものでした。

 

半沢直樹はここに気がつき、スパイラルとフォックスの秘密裏の契約を契約手続き寸前のところで阻止します。

 

加えて、この秘密の計画の発案者が東京証券銀行証券営業部長伊佐山泰二(市川猿之助)であることを広重に吐かせたのでした。

 

 

計画をつぶされ、伊佐山とその裏ボスである東京中央銀行の三笠洋一郎副頭取(古田新太)は怒りをあらわにします。

 

親会社のビジネスを邪魔する半沢直樹を呼び出し、今後セントラル証券には一切仕事を回さないなどと怒りをぶつけ、「詫びろ!半沢ぁ!!」と謝罪を要求しますが、半沢直樹はここで逆襲。

 

この2人を前にセントラル証券がスパイラルとアドバイザー契約を締結したことを明かします。

 

東京セントラル証券(半沢直樹) vs 東京中央銀行(三笠、伊佐山)の全面戦争の幕が切って落とされました。

 

というところまでが第2話となります。

 

盛り上がってきましたね!!

 

スポンサーリンク

半沢直樹2 第3話のネタバレ・あらすじ

 

 

電脳の買収相手であるスパイラルとのアドバイザー契約を結んで、親会社・東京中央銀行との全面戦争へと突入した半沢直樹。

 

銀行の卑劣で節操のない買収計画からスパイラルを守ることには成功したものの、依然としてピンチであることに変わりはありません。

 

そこで、半沢直樹が次の手として瀬名社長に「逆買収」を提案します。

 

しかし、そんなある日、突然セントラル証券に・・・

 

証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってきます。

 

そして半沢直樹の目の前に能われたのは、黒崎駿一検査官

 

 

オネエキャラの片岡愛之助ですね。(第一話でもこのキャラとても盛り上がりました♪)

 

金融庁検査局主任検査官の黒崎駿一は、「銀行は所詮金貸し」という考えを持っており、何かと銀行を目の敵にします。

 

前作では、銀行員だった半沢直樹と数度にわたって対立しましたが、その禍根がまだある訳です。

 

「黒崎がなぜ?」

 

「黒崎のターゲットはいったい何なのか?」と困惑する半沢直樹・・・。

 

黒崎は、「随分とおイタしているんじゃないの?」「わたしが代わりにお仕置きしてあげる」と。

 

更にタイミングわるく検査のことがニュースで報じられ、半沢直樹は裏で、伊佐山だけではなく、三沢が糸を引いていることに感づきます。

 

パソコンからごみ箱まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとします。

 

半沢直樹が水面下で「倍返し」の逆買収の計画が表沙汰になってしまうと、すべてが水の泡となり、スパイラルは倒産買収され、セントラル証券も大きな打撃を受けてしまいます。

 

半沢直樹から連絡を受けた瀬名社長は、すぐさまスパイラルの若手プログラマーである高坂圭に指示し、データの削除(消去)を試みますが・・・。

 

半沢直樹はこのピンチを乗り越えることが出来るのでしょうか?

 

この後の話は、、、放送され次第追記します。

 

 

https://twitter.com/Hanzawa_Naoki/status/1289508522384736257?s=20

 

スポンサーリンク

半沢直樹2 音効の絶妙さ

 

『半沢直樹』の音効って気になりませんか?

 

半沢直樹では、およそ10分ごとに地の底をつくような「ドーン…」という低い音が入っています。

 

視聴者を最後までドラマから離脱されないように仕掛けを常にかけているわけです。

 

この効果音だけではなく、書類を投げつける音、肩を叩く音、引き出しを開ける音、といった日常の音効も考え抜かれています。

 

「半沢直樹」がオーバーアクションのドラマだからこ、こういった日常的に耳にする音の音効が有効ですが、そうでなければ、明らかにうるさいって音が、このドラマでは不自然に感じません。

 

ドラマ全体のサウンドデザインがとても優れているんですね。

 

最近の1時間の連続ドラマで流れる曲数は平均して10曲程度ですが、メロディーにストーリーを載せて物語の世界観を視聴者に発信していますが、半沢直樹は逆を行っています。

 

曲数ではなく、メインテーマを軸しながら、ドラマとしての勝負どころで、アクとクセの強い音効で勝負しています。これが視聴者をストーリーと共に惹きつけて話さないんですね。

 

この音効がドラマの店舗を作り、ドラマの強力な引力になっています。

 

半沢直樹を見る際に気をして見ていただくと、こういった側面からも楽しむことができますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

半沢直樹2|第3話ネタバレとあらすじ|黒崎と瀬名は?音効の絶妙さも見どころ!というテーマでお伝えしてきました。

 

第3話、楽しみですね☆彡

 

放送後に追記していきます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 坂本一誠のブログ , 2020 All Rights Reserved.