流行の話題やビジネスについて紹介していきます

レバノン大爆発はテロ?原因は何故?硝酸アンモニウムなど理由を推察!

 
レバノン 大爆発 テロ 原因 何故 硝酸アンモニウム 理由 調査
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年8月5日(日本時間)未明にレバノンのベイルートで大規模な爆発が起きました。

 

報道各紙、テレビ、SNSで広くシェアされて、その威力と規模に多くの人が衝撃を受けています。

 

スポンサーリンク

レバノン大爆発はテロ?

 

 

衝撃的な映像です。

 

海の近くにある工場地帯から煙が出ているところを見ていた人が多いようです。

 

その後、大爆発が起こり、ハリウッド映画でみるような、下から衝撃波がくるような爆発が。

 

別の映像を2つ見てみましょう。

 

その後に爆発が起きた場所や原因についてまとめていきます。

 

 

 

爆風で多くの建物や車が破損しています。

 

レバノン大爆発の場所は?

 

 

爆発現場はベイルート港です。

 

Twitterの写真からもたくさんの倉庫やコンテナ、貨物船やタンカーが停泊していることが確認できます。

 

ベイルート港の公式HPにこの港の広さや建築物の記載がありました。

 

4つの一般貨物倉庫:総面積25,547m²
自動車用の3つの倉庫:総面積17,958m²
危険物倉庫1棟:総面積5.231m²
サイロ:総容量:12万トン
(その他多数の倉庫・機材・施設あり)

引用元:PORT OF BEIRUT(http://www.portdebeyrouth.com/index.php/en/about-us)

 

レバノンの大爆発はテロか?

 

(現時点で原因は確定していません。ブログ執筆時点で収集した情報を元に推察しています)

 

情報が錯綜しています。

 

ただ、2018年にイスラエルのネタニヤフ首相がヒズボラが誘導ミサイルを生産していることを国連で警告しているTwitterトランプ大統領の発言などを読んで、冒頭の映像を見ると、テロやどこからかの攻撃の可能性をまず疑ってしまいますね。

 

ただ、テロであればテロ組織から犯行声明が出るのが一般的ですが、まだ声明は出ていません

 

攻撃の可能性は冒頭の映像を見ると、、外部からの攻撃の様子はありませんね。

 

スポンサーリンク

レバノン大爆発の原因は何故?硝酸アンモニウム?理由を推察

 

では原因は何故?硝酸アンモニウム?とも書かれていますが、その理由を推察していきます。

 

レバノン大爆発の原因 推察① 爆発物による攻撃説

 

 

トランプ大統領の所見ですね。ホワイトハウスでの記者会見で今回の爆発物についても言及しています。

 

「アメリカはレバノンを支援する用意がある。ひどい攻撃があったように見える」
「軍の高官と会って話をしたが、攻撃の可能性があると考えているようだ。何らかの爆弾のようだ」

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200805/k10012551561000.html

 

ただしこれは「何らかの革新的情報源を別に持っている」ということではなく、あくまで現状からみた初見のようで、国防総省は↓↓↓と声明を出しています。

 

「ベイルートでの爆発は認識しており、積極的に調査を進めているが、現在のところ、爆発の原因やその影響について発表できることはない」

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200805/k10012551561000.html?utm_int=news-new_contents_latest_with-image

 

一番情報を持っていそうなホワイトハウスやペンタゴンも調査中ということですね。

 

レバノン大爆発の原因 推察②倉庫に保管されていた硝酸アンモニウムの爆発

 

 

一番有力視されているのが、この「数年前の没収された硝酸アンモニウム」です。

 

CNN’s Ben Wedeman reported that authorities think a large amount of ammonium nitrate seized from a ship in 2013 or 2014 may have caused the blast.

https://edition.cnn.com/2020/08/04/middleeast/beirut-explosion-port-intl/index.html

~CNNのBen Wedemanは、当局が2013年または2014年に船から押収された大量の硝酸アンモニウムが爆発を引き起こした可能性があると考えていると報告した。~

 

硝酸アンモニウムは工業用に多く用いられる物資で、化学肥料の窒素源として用いられえる他、火薬・爆発の原料としても重要な物質です。

 

この物質はとても危険で、衝撃を与えただけでも爆発することがあるために、保管や移動には厳重な規制がかけられています。

 

当然、輸出入にも多くの規制が欠けられています。

 

現在疑われているのは、2013年~2014年頃に押収された硝酸アンモニウムが爆発したのではないかということです。

 

Twitterやニュースでは2750トンの硝酸アンモニウムが保管されていたそうですが、TNT火薬1,15トン相当の爆発とのことです。

 

ちょっとわかりづらいので調べてみましたが、広島に落とされた原子爆弾は1.5万トンとありましたので、今回の爆発規模は広島原子爆弾「リトルボーイ」の1/12の威力です。

 

レバノン大爆発の原因 推察③

 

 

SNSで爆破の映像が流れてきた時は「花火工場説」が取り上げられていました。

 

確かに小さな火花が下に見えますが、それが花火工場に何故なるのでしょうか?

 

現場に花火工場があるという情報が出てきませんでした。

 

花火であれば、初期の火災時点で飛散していく花火が見えるかと思いますが、あくまで小規模な爆発がチカチカしているだけのように見えますね。

 

また、花火なら綺麗な発色剤が混合されているでしょうし、連続爆発のような爆発の仕方をするでしょうし、カラフルな煙も確認できません。

 

花火工場説は、現実的ではありませんね。

 

個人的には①硝酸アンモニウムか攻撃が原因だろうと考えます。調査結果を待ちましょう。

 

スポンサーリンク

世間の反応

 

 

 

ゴーンさんってこのあたりにいるんですね。久々に名前を耳に。。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

レバノン大爆発はテロ?原因は何故?硝酸アンモニウムなど理由を推察!というテーマでまとめてきました。

 

近年稀に見るというか、この規模間の大爆発は映画でしか見たことがありません。

 

映像が衝撃的すぎることと、SNSでの情報拡散のスピードに驚きました。

 

ケガを負われている皆さんの回復をお祈りします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 坂本一誠のブログ , 2020 All Rights Reserved.