流行の話題やビジネスについて紹介していきます

赤江珠緒アナ旦那がコロナの疑い!「たまむすび」で報告!プロフィールもお伝えします!

2020/04/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

珠(たま)ちゃんこと、赤江珠緒アナの旦那さんが新型コロナウィルス感染の疑いでPCR検査を受け陽性と報道されました。

 

その旦那さんは「報道ステーション」の演出を担当しているチーフディレクターです。

 

メインキャスターを務めていた富川悠太アナ(43歳)が2020年4月11日に新型コロナウィルス感染を公表して自宅待機をしています。

 

旦那さんは勿論、珠(たま)ちゃんの様態、心配です。

 

赤江珠緒アナ旦那がコロナ疑いで検査の話や、そもそもの珠ちゃんのプロフィールなどについても調べていきます。

 

*追記:2020年4月18日の報道で珠ちゃんも陽性(娘は陰性)との報道があり、とても心配です。早期回復を皆で応援してます!「頑張って珠ちゃん!旦那さん!」

 

スポンサーリンク

赤江珠緒アナ旦那がコロナ疑いで検査!

 

 

フリーアナウンサーの珠ちゃんこと赤江珠緒さんは2020年4月13日、TBSラジオ「たまむすび」で、旦那が新型コロナウィルスの疑いでPCR検査を受け、結果待ちであることを伝えました。

 

テレビ朝日「報道ステーション」のメインキャスターを務める富川アナが4月11日に新型コロナウィルスへの感染が公表されました。

 

実は、赤江珠緒アナの3歳年上の旦那はテレ朝社員で「報道ステーション」のチーフディレクターなんですね。

 

 

 

富川アナ以外にも体調不良を訴えている番組のスタッフがいるということで、「報道スターション」ではその日から全スタッフを自宅待機させて、他の番組のスタッフを緊急で招集して番組を放送しています。

 

赤江珠緒アナ自身が13日、パーソナリティを務めるTBSラジオ「たまむすび」のスタジオ出演を見合わせました。

 

赤江珠緒アナは電話で出演し、この事情について旦那が新型コロナウィルス感染の疑いがもたれたことについて話しました。

 

 

「夫の職場で、陽性反応の方が出まして、夫と『それはまずいね~』みたいな話をしていたら、この週末にうちの夫も体調を崩しまして。朝に熱が出て夜になると高熱が続いて。で、味も…と言い出したんですよ。これはまずいなってことになって…」

 

そして、

 

「病院に行ったら軽い肺炎の少女があるということで、検査をしてもらうことになったんですけど、4日くらいしないと結果がわからないらしいんです。状況とかを聞いていると、『かかっているんだろうな』という感じではある」と。

 

赤江珠緒アナ本人は「何の症状もなく、元気にのんきにやっている。家全体で社会生活を止めた方がいいなという判断をしました」ともお話ししています。

 

赤江珠緒アナの旦那は「報道ステーション」のチーフディレクターだったんですね!!

 

そして、濃厚接触となった赤江珠緒アナの体調も心配です。。

 

「報道ステーション」といえば、徳永有美アナも富川アナと共に番組出演していたため、濃厚接触にあたるため、自宅待機していますが、旦那であるウッチャンナンチャンの内村光良さんの体調も心配ですね。

 

ウッチャンも感染していたとなるとテレビ業界全体への影響もとても心配です。

 

赤江珠緒アナ、一日も早く元気な姿を見せて欲しいと思います。

 

「報道ステーション」の富川アナについても気になりましたので富川アナ休み・代わりは誰?病院はどこ?復帰はいつか!コロナ陽性で出演見合わせ!にまとめした。

 

また、暫くメインキャスターを務められる小木アナについても小木逸平アナの経歴・学歴・嫁・実家などwiki的プロフ!実力派アナウンサーの素顔は?にてお伝えしていますので良かったらご覧になってくださいね!

 

スポンサーリンク

赤江珠緒アナのプロフィール

 

 

赤江珠緒アナのを実はあまり知らんって方もいると思いますので、プロフィールなどもお話していきます。

 

赤江珠緒(たまお)アナは、元大阪の朝日放送アナウンサーです。

 

在籍中の2003年6月からテレビ朝日系「スーパーモーニング」の司会に抜擢され、全国的に知られる存在になりました。

 

そして、TBSラジオ「たまむすび」のパーソナリティーを務めていて「ポンコツでかわいい弄やすいキャラクター」でリスナーから人気です。

 

珠(たま)ちゃん、たまっぷ、赤江君、ちゃんたま、たーちゃんなど多くの愛称があります。

 

出身は兵庫県明石市、1975年1月9年生まれの45歳です。

 

身長は160cmと平均的で、最終学歴は神戸女子学院大学人間科学部を卒業しています。

 

そして、推定ですが、年収5000万円とも言われています、すごい!!ですね。

 

 

赤江珠緒アナの経歴は、明石市立魚住中学校→兵庫県立明石高等学校→神戸女学院大学朝日放送(ABC)です。

 

父親は銀行員、家族構成は両親と姉と弟がいる5人家族です。

 

子供の頃はガキ大将のような性格で、本人曰く、周囲の子供たちをビビらせまくり、「支配」して言うことを何でも聞かせていた(笑)そうです。

 

セミを捕まえてパンツの中に入れていたという逸話も(笑)。

 

そして、飼育小屋のウサギを出して廊下でラットレースをさせていたという逸話も(笑)

 

大学時代には、兵庫県にあるサンテレビジョン(SUN)で、番組やイベントなどでアシスタントを務める「サンテレビ・ガールズ」として活動しています。

 

朝日放送入社後は、同期の高野直子、橋爪裕子と共に「3人娘」として売り出され、関西地方で人気を博しました。

 

 

かわいいですね!

 

入社試験の際には、自己紹介で「当時付き合っていた人が、金(きん)さんだったので結婚すると(きんたまおになるので)ちょっと大変なんですよね」という話をしたところ、面接官にウケて合格に至ったとも(笑)。

 

幼少期から現在まで一貫して周りの人を明るくしてくれる赤江珠緒アナですね!

 

その後、2003年6月30日から、テレビ朝日の朝の情報番組「スーパーモーニング」の司会に系列局のアナウンサーながら大抜擢され、全国的に知名度も上がりました。

 

その後、2007年3月に朝日放送を退社し、現在はフリーアナウンサーとして活躍しています。

 

2008年11月27日には、「スーパーモーニング」生放送中に結婚したことを発表しました。

 

2011年4月からは、「スーパーモーニング」の後継番組「情報満載ライブショーモーニングバード」に継続してレギュラー出演しました。

 

同時に、2012年4月2日からTBSラジオのワイド番組「赤江珠緒 たまむすび」(月~木)のパーソナリティーも務めています。

 

2015年4月12日からは、TBS系「この差ってなんですか?」の司会者に加藤浩次と共に抜擢されて、全国放送のゴールデンタイム番組に躍り出ました。

 

同年9月には、「モーニングバード」が終了しました。

 

2017年2月16日放送の「たまむすび」で第一子妊娠を発表し、7月21日に女の子を出産しています。

 

スポンサーリンク

旦那との出会いは?

 

赤江珠緒アナは、2008年11月27日(当時33歳)に、「スーパーモーニング」の番組中に結婚報告をしています。

 

お相手は、先ほども言いましたが、今テレビ朝日の「報道ステーション」でチーフアナウンサーを務めるテレ朝社員(当時36歳)でした。

 

2003年6月に「スーパーモーニング」に起用された際に知り合ったそうです。

 

出会ってから6年間の交際を経て、2008年11月23日の夜に入籍しています。

 

入籍時のエピソードがあります。

 

番組の特集で歌手の高橋真梨子のコンサートを取材した際、その旦那で音楽プロデューサーのヘンリー広瀬との「夫婦愛に触発された」そうで、その取材のコンサートの後、まだその触発がさめやらぬその日の夜に旦那に電話。

 

「(婚姻届け)出しといて!」と頼み込み、旦那を役所に1人で婚姻届けを出しに行かせたそうな。。

 

因みに本人は「(次の日の)番組があるので家で寝ていました」とボケています(笑)。

 

赤江珠緒アナのキャラクターがわかるエピソードですね!

 

また、旦那の外見については、「山男みたいな」人で、プロポーズの言葉は「悪いようにはしない」と明かしています。

 

交際期間中には、旦那と同じ番組を担当していたので、周囲に対してバレないように気を使っていましたが、共演していたジャーナリストの鳥越俊太郎さんが、スタッフの皆に明かしてしまい、バレてしまったというエピソードを「たまむすび」で明かしてしまったそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

新型コロナウィルス感染が心配される赤江珠緒アナ、旦那と共に元気な姿をまたテレビでも見せて欲しいって心から思います。

 

幼少期からセミをパンツに入れたり、入社時に「きんたまおになるのは・・・」という逸話にもあるよう周りを明るく笑わせてくれるキャラだから、ファンが多いのだと思います。

 

お子さんにも移さないように、家族みんなで元気に回復されることをお祈りしています!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 坂本一誠のブログ , 2020 All Rights Reserved.