流行の話題やビジネスについて紹介していきます

鬼滅の刃 最終回 205話のネタバレと感想!!

 
鬼滅の刃 最終回 205話 ネタバレ 感想
この記事を書いている人 - WRITER -

 

鬼滅の刃ジャンプ本誌の最終回(205話)のネタバレ記事と感想です!

 

「鬼滅の刃」は205話でいよいよ最終回です。

 

ご注意ください。

 

 

スポンサーリンク

前回(204話)では・・・

 

無残との戦いが終わり、平和を取り戻した日常が描かれていました。

 

そして舞台は現代へ…?

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃 最終回(205話)のネタバレ

 

※ネタバレとなりますのでご注意ください。

 

鬼のいない世界

 

鬼殺隊のおかげで鬼のいない日常が戻ってきました

 

日本は平和を取り戻し、すさまじく発展し、寿命を迎えることできる人が多い現代の世の中になりました。

 

鬼殺隊員たちのその後

 

生き残った鬼殺隊員たちのその後と、最期について語られています。

 

・鱗滝左近次
終戦の半年後に死去。

 

・煉獄槇寿郎
終戦の3年後に死去。

 

・宇髄天元
死ぬ間際、弟からの謝罪を受け和解できた。
終戦の25年後に死去。

https://twitter.com/_516tg/status/1261490886459789312?s=20

 

・不死川実弥
生前は妻と暮らす。
終戦の5年後に死去。

 

・富岡義勇
終戦後は鱗滝と暮らしていた。
鱗滝の死後4年後に死去。

 

・伊之助
いつの間にか、炭治郎の家から出て蝶屋敷に住んだ。
その後、アオイと結婚して幸せな生活を送った。
終戦の37年後死去。

 

・善逸
激しいアプローチにより、禰豆子と結婚が叶う。
しかし子供はできなかった。
終戦の29年後死去。

 

・禰豆子
終戦の55年後死去

 

・カナヲ
炭治郎と結婚。二人の子供と幸せに暮らす。
終戦の9年後、炭治郎と死去。

 

・炭治郎
終戦の9年後、カナヲと共に死去。

 

・愈史郎
心の中で炭治郎への感謝を唱えながら、
茶々丸と太陽に焼かれて亡くなる。

 

 

幸せな時代

 

長い年月が過ぎ、舞台は現代に移ります。

 

平和な時代の様子が描かれています。

 

現代には、炭治郎たちの子孫や、鬼殺隊の面々の転生後のようなキャラクターが幸せに暮らしていた。

 

転生後のキャラクターたちには、鬼殺隊だった頃の姿が映し出されています。

 

確かな”転生”だと読者に伝えるための演出でしょう。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃 最終回 205話のネタバレと感想

 

 

鬼のいない世界は、平和で穏やかな日常です。

 

平和の素晴らしさ。

 

現代っ子らしさも出せるし、生死にかかわることなく、安心して「今」を享受できる。

 

人生を謳歌できる。

 

幸せの一つの形が、「鬼滅の刃」のラストには描かれていたと感じます。

 

炭治郎たちが、柱たちが、産屋敷一族が、命をかけて繋いで、鬼のいる世界を終わらせました。

 

望んでいた明るい平和な未来が描かれていて、ほっとするし、微笑ましい。

 

命を只終わらせるのではなく、「繋げていくこと」の大切さを実感します。

 

命の尊さを実感します。

 

現代に生まれて、命について突き詰めて感じること、考えることってほぼありませんが、

 

「鬼滅の刃」を通じて「生きていることのありがたみ」、「命は繋がれているもの」といったことを感じます。

 

輝いていきるべきだし、いろいろなことに感受性をもって感じるべきだなと。

 

自分たちが生きる証、生きた証を時代に刻もう。

 

良い時代であることを実感しました。

 

 

終わってしまいましたね!「鬼滅の刃」!!。

 

あっという迄あった気もがします。最後はグンっとスピード感がありました。

 

そして「NARUTO」や「BREACH」の終わりのように、最終回が明るく、幸せな感じがとても良かったです!

 

スポンサーリンク

まとめ : 鬼滅の刃 最終回 205話のネタバレと感想

 

 

「鬼滅の刃」は本当にたくさんのことを教えてくれました

 

物語はハッピーエンドを迎え、そのまま終わりましたが、今後、外伝もありますし、映画もあります。

 

今回の終わり方が人気絶頂期で終わっていますので、人気バンドの解散のようにずっと語り継がれるでしょう。

 

人気はまだまだこれからです。

 

吾峠呼世晴先生、ありがとうございました!本当にお疲れさまでした!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 坂本一誠のブログ , 2020 All Rights Reserved.