流行の話題やビジネスについて紹介していきます

天ぷら近藤・超絶旨い天ぷら!まずい訳なし! おまかせ・お好みで頂きます!

2020/05/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今や世界中からお客さんが足を運ぶミシュランの常連店、銀座「天ぷら近藤」。

 

良くテレビでも報道されていますが、どのようなメニューでいくらぐらいなのでしょうか?

 

その美味しさは?

 

天ぷら近藤・超絶旨い天ぷら!まずい訳なし! おまかせ・お好みで頂きます!というテーマで調査し、まとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

天ぷら近藤 お店はどこ? 近藤文夫氏について

 

 

店主の近藤文夫さんは神田駿河台にある「山の上ホテル」の「てんぷらと和食山の上」で料理長を

長年間勤められたお方です。

 

野菜の天ぷらは今でこそ普通に世に存在しますが、以前はありませんでした。

 

この野菜の天ぷらを始めた第一人者が近藤文夫さんです。

 

元々、江戸前の天ぷらは魚介が中心で、野菜は「邪道」とされてきたんです。

 

また、「てんぷら近藤」のように素材本来の味を生かすために衣を薄くつけてあげた軽やかな天ぷらはかつては存在しませんでした。

 

野菜を揚げたものは惣菜屋さんで出すもので、ある程度のランクのお店のメニューとしてはあり得なかったんですね。

 

なので、当時はかなり斬新なてんぷらだったんです!

 

でも今「てんぷら近藤」の芋の天ぷらは超有名でそれを楽しみに訪れるお客様も多いんです。

 

常に努力を惜しまず職人の技を磨き上げ、伝統を守りつつ革新的な技術とアイデアを持ち、様々な業界の常識を塗り替えてきた人、それが近藤文夫さんなんです。

 

「てんぷら近藤」は銀座駅徒歩5分のところにあります。

 

 

※天ぷら近藤のレシピが気になったので自宅で美味しく作れる衣にこだわった近藤文夫さんのレシピ2つを 天ぷら近藤のレシピ!予約難の銀座名店・ミシュラン常連の近藤文夫に迫る! の記事でご紹介しています。良かったら読んでみてください。

 

 

スポンサーリンク

天ぷら近藤・超絶旨い天ぷら!まずい訳なし! おまかせ・お好みで頂きます!

 

 

 

店内の席は全てカウンターで、入り口の近くのスペースと奥のスペースに分かれており、近藤さんは入り口近くのカウンターにいらっしゃいます。

 

各回時間がきまっているようなので近藤さんの揚げる天ぷらを食べたければ早めに行ってください

 

夕食のコースは、

  • (てんぷら定食 13000円(税抜))
  • (小鉢 + てんぷら定食 17000円(税抜))
  • (小鉢2 + 刺身 + てんぷら定食 21000円(税抜))

 

このほかにお好み(お好みで選択)とおまかせ(その日のおすすめ食材を提供)があります。

 

電話(03-5668-0923)でもネットでも予約(17時、18時、19時、20時)が可能です。

 

食材の鮮度や質に対するこだわりと、揚げるタイミング(技術)がピカイチなので食材毎の甘味や触感が絶妙なんです。

 

お客さんが皆この日を楽しみにしてきた感じが伝わってきます。

 

そして今この瞬間を楽しんでいることも伝わってきます。

 

ただその反面、予約を入れるということについては、かなりの人気店ですので、土日や金曜日は2カ月先までいっぱいなことがざらです。

 

キャンセル待ちでさえ、1か月後という人気ぶり。

 

あなたも是非東京銀座の超絶旨い天ぷらを味わってみてください!

 

https://twitter.com/fuwarihonwaka/status/886572941277777920?s=20

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

近藤さんはそれまで「邪道」とされてきた野菜を天種として取り入れたり、暑くて腹持ちのより衣が主流だった時代に、薄い衣で軽く上げた天ぷらを登場させたりと、新しい天ぷらを生み出し、日本中、そして世界から評価されてきました。

 

もともと天ぷらは油で揚げて水分を無くし、素材の味を凝縮するものとされてきましたが、近藤さんは「天ぷらは蒸しものなんです」と言います。

 

油の熱と水分を利用して素材のうまみを引き出すのが近藤さんの天ぷらなんですね。

 

「天ぷらは苦手だったけれど、「てんぷら近藤」の天ぷらは別もの」とお客さんから言われることも多いそうです。

 

日本が誇る天ぷら職人・近藤文夫さんの「てんぷら近藤」は超絶旨いお店です!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 坂本一誠のブログ , 2020 All Rights Reserved.