流行の話題やビジネスについて紹介していきます

再延長の可能性!緊急事態宣言の期間はいつまで?休業から廃業への岐路!!

2020/05/04
 
緊急事態宣言延長 政府 新型コロナウィルス 全国 特定警戒都道府県 密 安倍総理大臣 再延長 5月31日 安倍首相 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

緊急事態宣言の5月31日までの延長が決まりました。非常に不安です。

 

再延長の可能性について既に多くの人がSNSで投稿しています。

 

今回の政策では、再延長になるとしか思えません。

 

再延長の可能性!緊急事態宣言の期間はいつまで?休業から廃業への岐路!!というテーマでまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言延長 5月31日まで

 

 

国民に犠牲を強いて、産業に多大な影響を及ぼす「延長」を表明するのであれば、科学的根拠を持って国民が納得し、理解できるようにわかりやすい説明が必要だと思いませんか?

 

人命最優先だから延長は理解できます、ただその政策はわかりづらいし、一貫性もなければ、国民を本当に守るという覚悟も感じられない。

 

最低限↓↓↓はしっかりと説明をして欲しいものです。

 

1)感染者数が減っているにも拘らず全国一斉に延長する理由を数値で説明

2)5月末の解除の条件と、それに向けた政府の行動計画

3)補償措置

4)具体的な経済政策

 

全国一斉の延長に反対です。生活できなくなる人で溢れます。

 

そしてこんな中途半端な政策だと再延長になる。

 

人命最優先は理解というか当たり前。

 

緊急事態に覚悟を持って決断しきれない、あっちにもこっちにも良い顔をする政府には賛同できません。

 

「紫外線や湿度でコロナ収束」みたいな外部要因にしか希望が見いだせなくなる。

 

今から5月中旬までロックダウンするという選択肢や他の選択肢は無かったのでしょうか?

 

中小企業への支援策も具体的に進めようとすると分かりづらいし、雇用助成金は入金まで数カ月先。。

 

緊急事態=戦争くらいに覚悟して動かなければならないのに、ニュースを見るたびに残念でなりません。

 

緊急事態宣言、5月末まで延長の骨子

 

報道されている緊急事態宣言延長に関する政府の方針は↓↓↓ですが、具体的な解除の条件も補償への記載も、経済政策も無い愚策(無策?)としか考えられません。

 

  • 期限が5月6日までとなっている新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた緊急事態宣言の延長を正式に決定し、31日までとする方針で、引き続き全都道府県を対象とする予定です。

 

  • 人と人の接触制限の要請を継続する一方、基本的対処方針を改定し、感染が抑制されている地域では外出自粛や施設使用制限の一部を緩和し、社会経済活動を部分的に容認する方針。

 

  • 重点的な対策が必要な東京や大阪など13の「特定警戒都道府県」以外の34県で「行動制限の)一定の緩和が行われる。

 

  • 「それぞれの地域の感染状況を(宣言延長後の)2週間ほど後に専門家に評価してもらう」と語り、専門家の中間評価を基に地域の状況に応じて検討する考え。

 

  • 感染防止策の徹底を前提に、13都道府県を含め全国で公園博物館美術館図書館への外出を可能とする。

 

  • 政府が4日に改定する基本的対処方針の内容に関し「ある程度の数字も示していきたい」と述べ、宣言解除に向けた具体的な数値目標を盛り込む。

 

  • 特定警戒地域以外の県には、4日にテレワーク時差出勤の徹底、「3密」(密閉、密集、密接)の回避などを前提とした経済活動再開のための指針を発表する予定。

 

  • 各事業や施設に指針を作成するよう促す考えで、飲食店で間仕切りの設置席の間隔を空ける対策を例示。

 

公園や博物館、美術館、図書館への外出を可能とするらしいですが、国民にとって非常にわかりづらい。図書館は良くてパチンコが行けない理由は何でしょう?

 

何といっても、これで安心と誰も思えないこの説明では、誰も納得も理解もできないでしょう。

 

人命優先で延長はわかりますが、その説明がわからない。

 

それくらい生活と人生がかかっていることに対して、政府の覚悟が感じられない。

 

非常に残念でなりません。大阪府知事や北海道知事に国政を担ってほしいと思う人も多いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言再延長の可能性

 

 

堀江貴文さんは地震のツイッターで、安倍首相が緊急事態宣言の延長を決めたことについて「これは再延長もありうるなぁ」とツイートしています。

 

まったくその通りでこのままいくと延長するでしょう。

 

スポンサーリンク

世間の声

 

賛成意見、反対意見、さまざまです。

 

人命優先ということのみ共通の意見です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

緊急事態宣言の5月31日までの再延長が決まりました。

 

ダイヤモンド・プリンセス号の対応から始まり、政府の対応には透明性がなく、わかりやすさもなく、後手後手と言われても仕方のない対応をしています。

 

しかし、これまで経験したことのない危機に対して、立ち向って収束させるためには、政府や公共機関の方々、医療関係の方々に頑張って頂くしかありません。

 

同時に私たち国民一人一人が、政府を信じてしっかりと行動することに尽きるのではないでしょうか?

 

今回の記事では政府の政策に対し、無策だと書きましたが、政府の言っている感染予防をしっかりと一人一人ができるだけ気をつけて動いていればもっと違った判断を政府もできるのですから。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 坂本一誠のブログ , 2020 All Rights Reserved.