流行の話題やビジネスについて紹介していきます

うがい薬イソジンのコロナへの効果や使い方は?吉村知事の発言を検証!

 
うがい薬 イソジン コロナへ 効果 使い方 吉村知事 発言 検証
この記事を書いている人 - WRITER -

吉村大阪府知事から「イソジン(ポビドンヨード)のうがいが新型コロナウィルスの量を減らす」といった趣旨の発表があり、波紋をよんでいます。

 

大阪では吉村大阪府知事の発言後10-15分でドラッグストアからイソジンが消えたと報道されています。

 

どんな発言だったのか?

 

実際のところはどうなのか?

 

とても気になるところです。

 

うがい薬イソジンのコロナへの効果や使い方は?吉村知事の発言を検証!というテーマで調査しお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

うがい薬イソジンの買い占め 吉村大阪府知事の発言はほんと?

 

 

 

棚から「イソジン」が消えていますね。

 

吉村大阪府知事の発言はどんなものだったのでしょうか?

 

 

 

ポビドンヨードによる うがいで新型コロナの重症化を抑制の研究結果をミヤネ屋内で発表。

 

ポビドンヨードによるうがい薬(イソジンなど)をすることによって、ある意味、コロナに打ち勝てるんじゃないかと。ただ研究段階で薬事法があるので、これがコロナに効くとは言うことはできない」と発言していますね。

 

淡々と事実を元にメッセージを考えて府民に語る吉村大阪府知事の政治家としての姿は流石ですね。

 

丁寧な説明で、これは事実のようですね。

 

スポンサーリンク

うがい薬イソジンのコロナへの効果は?

 

 

大阪ではドラッグストアの棚から「イソジン」が10~15分で完売。

 

それだけ、皆吉村大阪府知事を信頼しており、そして見えないコロナの恐怖と戦っているということですね。

 

松本哲哉教授曰く、「ウィルスが唾液の中から減ることは証明できた。どれだけ症状に影響を及ぼすのかデータは取られていない。極端な使い方はしないで」と注意喚起をしています。

 

たしかに、検体になる唾液を殺菌しているだけの話ですから。

 

結論、効果はあるようです。(研究途中ではあるものの)

 

大阪府と大阪府立病院機構は「大阪はびきの医療センター」は8月4日、新型コロナウィルス要請の軽症患者41人に対して「ポビドンヨード」の成分を含むうがい薬で1日4回のうがいを実施したところ、唾液中のウィルスの陽性頻度が低下したという研究結果を発表しました。

 

同センターによるとうがいをした患者の陽性率が9.5%、しなかった患者は40%だったそうです。

 

また府民の呼びかけとして、発熱などの症状がある人、接待を伴う飲食店の従業員、医療従事者などに、うがい薬の使用の励行を求めました。

 

吉村府知事「成果が出るか出ないかはわからないが、やるだけの価値はあると思っている。

 

ん~、大阪府民が吉村府知事を尊敬している理由はこれですね!

 

スポンサーリンク

うがい薬イソジンの使い方は?

 

水うがいが有効だったとする今回の研究でのうがいの使い方は、1日3回、それぞれ15秒のうがいを3セットずつ行うというものですので、同等の効果を目指すならこれくらいガッツリやりましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

うがい薬イソジンのコロナへの効果や使い方は?吉村知事の発言を検証!というテーマで纏めてきました。

 

いかがでしたか?

 

  • ヨード液がコロナに効くことは証明されてない(効果があるであろうの見切り発射)
  • 買い占めで、医療用のヨード液まで不足する
  • ヨード液は副作用あり。妊婦など使用に適さない人もいる
  • ヨード液の転売は違法

 

調べている中でこのような意見や情報も多くありました。

 

ただ、多くの方の意見や評価は前向きなものでした。

 

いづれにせよ、うがい・手洗い・マスクは元々必須ですし、うがい薬が有効だろうということであればイソジンでうがいした方が良いに決まっています。

 

できることを一つ一つ実践し、コロナから身を守りましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 坂本一誠のブログ , 2020 All Rights Reserved.