流行の話題やビジネスについて紹介していきます

ペルセウス座流星群2020【東京】おすすめスポットや時間を紹介!

2020/08/12
 
ペルセウス座流星群2020 東京 おすすめ スポット 時間
この記事を書いている人 - WRITER -

夏の楽しみの一つにペルセウス座流星群の観測というのはいかがでしょうか?

 

プールや旅行など毎年の定番があるかと思いますが、今年はコロナウィルスの影響もあり、中々遠出が出来ず、家でじっとされている方も多いと思います。

 

夜間は人が出歩く人が少ないこともあり、ペルセウス流星群の観測は、家族で楽しめる数少ない今年の夏のイベントの一つかもしれません。

 

家族で、恋人と、あるいはお一人の有意義な時間を流星群と共に過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

ここでは、2020年のペルセウス座流星群の東京のおすすめスポットや、見やすい時間帯を紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群とは・・・

 

 

日本3大流星群の1つ「ペルセウス流星群」が見ごろです。

 

毎年7月中旬から8月下旬にかけてが出現の時期ですが、2020年は8月11日~8月14日の未明までがピークです。

 

【3大流星群】

  • 正月頃:しぶんぎ座流星群
  • お盆頃:ペルセウス流星群
  • 初秋頃:ふたご座流星群

 

ペルセウス流星群はこれらの中でも、確率的にたくさんの流星が見られる可能性が高いんです。

 

時期的にも夏は寒くないので、地面にシートを引いたりして、じっくりと見ることが出来るため、一番観測しやすく、楽しむことができる季節とも考えられます。

 

 

ちょっとウンチクですが、知っておくとずっと使える豆知識を。

 

ペルセウス流星群は流星群が「ペルセウス座γ(ガンマ)星付近を放射点」としているからこのように呼ばれています。

 

放射点という言葉は、天体観測をする時にたまに見かける言葉ですので説明すると、流星群には放射点と呼ばれるポイントがあり、その放射点から星が飛び出すように流れるとのことです。

 

星が飛び出していく中心のようなところなので↓↓↓なの中央が放射点ですね。

 

 

因みに「ペルセウス」とは、ギリシア神話に登場する英雄で「メデューサ」の首を切り落としたことで有名です。

 

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2020が見えるピークの時間や方角は?

 

 

 

8月11日~14日朝にかけてがペルセウス座流星群の見える時間のピークです。

 

特に↑↑↑のツイートにあるように8月12日の22時以降13日未明にかけてが一番よく見えるようですよ。

 

ペルセウス座流星群の見る際に注意したいこと

 

 

箇条書きで紹介しますね。

 

  • 空を広く見渡せる場所で観測する
  • できるだけ明かりや街頭のない場所を選ぶ
  • 流星はどの方角から流れてくるということはありません。全方位からやってきますので、レジャーシートなどを敷いて寝転んで空をみるとより多く見つけることができる
  • 目が暗闇になれるまで15分程度はかかるため、粘り強く観測する
  • 望遠鏡や双眼鏡は視野を狭めるので使用しない
  • ぼーっと空を眺める

 

これらに気をつけると見逃すことなく、観測することができるでしょう。

 

流星はいつ流れるかわかりません。

 

夏の夜は気持ちが良いですので、気持ちにも余裕をもって、ゆったりと時間をかけてペルセウス座流星群を楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2020【東京】のおすすめ観測スポットはどこ?

 

 

先ほどお話ししたように、見晴らしの良い場所で、明かりの少ないところ。

 

そして、ゆっくりと寝転んで眺められるような場所が一番良いと思います。

 

いくつかそういった場所をご紹介します。

 

夢の島公園

 

 

若干明るいのは否めませんが、都内ではよく見ることができるでしょう。

 

バーベキュー場(予約:03-3521-8273)もあり、昼から楽しんで夜を夜景でしめるという最高のプランも!!

 

23区の方はちょっとドライブがてら夢の島公園に行くというのも良いですね。

 

因みに駐車場は有料ですが、公園は無料です。電車だと京葉線とりんかい線「新木場駅」より徒歩7分です。

 

武蔵の森公園

 

 

夜は真っ暗です。都心から少し離れた落ち着いた場所でゆったりと夜空を眺めるのは最高でしょう。

 

車でのアクセスも良く駐車場もあり、西武多摩川線「多磨駅」から徒歩5分で着きます。

 

公園内には、修景池など水辺もあり、夕日がとてもロマンチックな公園です。

 

大芝生広場は、周囲に邪魔な建物などがないので、夜空を見渡すことができ、「寝転んで天体観測」ができる素敵なスポットです。

 

高尾山

 

 

夜の高尾山は少し寒いかもしれません。上着を持って出かけましょう。

 

山頂で寝転んで流星を見る。翌朝天気が良ければ、堂々とした富士山を同じ場所から見ることが出来ます。

 

登るのに骨が折れますが、夏休み中の方は、今年は旅行にも行けない中で、一つの良い選択肢だったりするかなと思います。

 

奥多摩湖

 

 

奥多摩の夜は暗いです。この時期なのでお店がやっているわけでもなく・・・

 

でも空気がとても美味しいんです。

 

静かな湖畔で美味しい空気を吸いながら、寝っ転がって夜空を眺めるような体験は最高の想い出になるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ペルセウス座流星群2020【東京】おすすめスポットや時間を紹介!というテーマでまとめてきました。

 

3大流星群の中で一番流星を見る確率が高いペルセウス座流星群。

 

全方位的に見ることができるので、広くて視界を遮るものがないところ、人工の明かりがないところで寝っ転がれるところに、8月11日~14日未明にかけて行ってみるととても良い思い出作りになるかもしれません。

 

行く前に天気までチェックできればばっちりです。

 

楽しみましょう。-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 坂本一誠のブログ , 2020 All Rights Reserved.