流行の話題やビジネスについて紹介していきます

私の家政夫ナギサさんの過去に何が?結婚という結末!ネタバレ!

 
私の家政夫ナギサさん 過去 何 結婚 結末 ネタバレ
この記事を書いている人 - WRITER -

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」が盛り上がりを見せています。

 

完璧に仕事をこなすおじさん家政夫ナギサさん。

 

第6話では主人公メイ(多部未華子)はナギサさん(大森南明)の私生活を暴こうと尾行を決行しました。

 

そこで見えてきたナギサさんの過去

 

見ていてとても気になりましたので、私の家政夫ナギサさんの過去に何が?結婚という結末!ネタバレ!というテーマで調べてお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

私の家政夫ナギサさんの概要

 

 

「私の家政夫ナギサさん」は、ソルマーレ編集部少女漫画レーベル「恋するソワレ」で連載中の四ツ原フリコによるマンガ「家政夫のナギサさん」を原作とするハートフルコメディドラマです。

 

キャリアウーマンの主人公・相原メイ(多部未華子)は、仕事はできるものの家事が何よりも苦手です。

 

そんな彼女の前に表れたのが、家事が得意な家政夫の鴨野ナギサ(大森南明)

 

メイはしぶしぶナギサをやとうことになりますが、一緒に過ごす中でナギサから人の温かさを知っていきます。

 

「私の家政夫ナギサさん」は、恋に仕事に全力投球のメイとメイを支えるナギサの物語です。

 

スポンサーリンク

私の家政夫ナギサさんの過去に何が?

 

 

第5話までで、メイは家政夫のナギサさんを心から受け入れることができ、段々とナギサさんという人本人が気になり始めます。

 

この男性はいったい何者なのか?

 

どうして家政婦をしていて「お母さん」になりたいのか?

 

メイとナギサさんが初めてであった頃のような家事に対する偏見はもうそこにはありません。

 

ナギサさんのことが知りたいと、メイがいろいろと訊いていると、ナギサさんは履歴書を持ってきます。

 

そこでナギサさんの前職がメイと同じMRだったことが判明します。

 

自分の天職だと思っているMRという職業…しかも最大手の会社に勤務していた!?

 

その会社を辞めてまで何故家政夫になったのだろう?

 

メイは不思議に思いまいますが、ナギサさんは語ってくれません。

 

そんな中、メイの仕事が繁忙期となり、毎日の帰宅時間が遅くなっていきます。

 

帰宅が深夜にもかかわらず、家にはナギサさんが帰らずに待っていました。

 

「メイさんのことが心配なんです」と。

 

「待たずに帰ってくれていい」というメイの申し出に首を縦に振りません。

 

このようなやり取りがあって、二人は険悪なムードに。

 

メイは「行き過ぎている、過保護」とナギサさんをひどく非難します。

 

それでも「心配です」というナギサさん。

 

どうやらナギサさんの過去が何か影響しているようです。

 

前職でMRをやっていた頃の苦い経験がトラウマになっているようなんです。

 

次の日、ナギサさんに頼んで、契約先の病院に書類を届けてもらったメイは、その病院に居合わせた若い女性「箸尾さん」がナギサさんの過去に関係していることを突き止めます。

 

真実を訊こうと、メイはナギサさんの自宅に押しかけて、「箸尾さん」について尋ねます。

 

観念したナギサさんは、母親が病気だったからそれを治したくてMRという職業に就いたこと、そして、橋尾さんがMR時代に面倒をみていた後輩だということ、母親の死とそれによる忙しさによって、後輩の箸尾さんのSOSに気がつくことが出来ず、彼女を鬱にしてしまい、交通事故を起こした挙句、会社をやめてしまったことを打ち明けます。

 

メイのことを過保護なまでに心配する理由は、メイへの仕事の責任感と、激務をこなす姿に、橋尾さんを重ね合わせて見ていたからでした。

 

母親の病気に対して何も結果的に力になれなかったこと、後輩の病気に気がつくことができなかったこと、自分の無力を感じていたので、メイには何かをしっかりとしてあげたいという「お母さん」の気持ちから動いた一連のナギサさんの行動なのでした。

 

メイはナギサさんに救われたと伝えます。

 

それでも自分の過去を許すことができないナギサさんにに対し、メイは箸尾さんをなんと電話でよびつけるのでした。

 

スポンサーリンク

私の家政夫ナギサさんの結婚という結末!?ネタバレ!

 

 

ナギサさんと再会を果たした箸尾さん。

 

お互いに謝罪します。

 

メイは箸尾さんに「今幸せですか?」と尋ねますが、箸尾さんは意外にも「幸せです」と答えます

 

ナギサさんはずっと、彼女の精神的な傷にとても罪悪感を感じていましたが、箸尾さんは幸せを掴んでいたのでした。

 

箸尾さんは会社を辞めた後、妊娠が発覚し、息子さんを授かります。

 

ナギサさんは箸尾さんがいまだに精神科にい通院していると思っていたのですが、それは誤っていたのでした。

 

箸尾さんは医療事務の仕事について、立派に働いていたのです。

 

そんな箸尾さんの今の幸せを聴いてナギサさんは涙を流します。

 

こうして過去の自分を許すことができたナギサさんは、メイの家政夫として働き続けていました。

 

かつてナギサさんがメイの家政夫を申し出た理由は、自分自身の過去への贖罪でした。

 

しかし、箸尾さんとの再会を経て、過去を自分の中で清算できたナギサさんが、メイの家政夫を続けている理由は明らかに前とは異なるものになっていました。

 

ナギサさんは、メイに初めはブラジャーのサイズなんて興味がなかったけれど、最近少し気になっていることを白状します(笑)。

 

そして親子の関係だけではなく、男女間でも「お母さん」と呼ぶ関係があると語ります。

 

その関係は、普通は男性から女性に求めるものですが、、、と言って、ナギサさんは買い物に出かけていきます。

 

自分自身の過去への贖罪のつもりで始めた家政夫という仕事が、メイとの様々な関りを経る中で、本当にメイを想う仕事に変わっていったのです。

 

2人は勢いで結婚することになり、ナギサさんが結婚前のお試しということで、同棲することになった二人。

 

メイにとっては、家政夫だったナギサさんは、今や一人の男性として意識する存在に変わっています。

 

ナギサさんの何気ない行動や言動、仕草に男性嫌いだったはずのメイはドキドキと恋心を覚えます

 

こうして「お母さん」として頼れる存在だったナギサさんが、メイの中で特別な存在へと変わっていくのでした。

 

そして結婚します。

 

と、、、ここまでは原作マンガの内容をまとめて書いてみました。

 

ここからは予想です。

 

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」はラブコメディです。

 

そして田所というメイがライバル視している男性が登場しています。

 

メイは田所と仕事を共にしていく中で、メイは田所に次第に恋心を抱き始めると考えられます。

 

しかし、メイは田所とはライバル関係(自意識ですが)。。

 

田所に自分の気持ちを伝えてしまうと、仕事も上手くいかなくなるのではと迷います。

 

そこで「お母さん」であるナギサさんに実のお母さんのように悩みを聴いたり、助けの手を差し伸べたりする役割へと変わっていくでしょう。

 

その後、メイと田所は結婚し、隣同士ではなく、同じ家に住むことになりますが、ナギサさんも二人の家で家政婦として一緒に住み、共働き夫婦の「お母さん」として二人の力になっていくと予想します。

 

ドラマ版の最終回は、多様性の下内に新たな家族のかたちを描く結末になるのではないでしょうか?

 

もう一つの結末予想はマンガと同じく、結婚というストーリーですが、このドラマは小中学生にも人気があることと、ドラマ版の楽しみという点でこの可能性は低いと考えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

私の家政夫ナギサさんの過去に何が?結婚という結末!ネタバレ!というテーマでお伝えしてきました。

 

ドラバは中盤を迎え、ナギサさんの過去とそのトラウマが除かれるある意味クライマックスのシーンとなりました。

 

マンガの原作ストーリーそのまま、ナギサさんとメイが結婚するのか、それとも田所とハッピーエンドを迎えるのか、これから最終回までのドラマの展開が楽しみです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 坂本一誠のブログ , 2020 All Rights Reserved.